ホームページを今すぐ強化できる対策その1

会社を運営している方は、自社のホームページを持っている人が多いと思うのですが、ホームページで自分が思うような効果を出している人ってはっきりいって極小だと思うんですよね。実際、WEB会社に務めていたとき、効果を感じている人はほぼいなかったですし、アクセス解析を簡単にみてみても月間のユーザー数や、ページビューなど、悲しい数値のサイトが大量にありました。

その原因は明白です。

圧倒的なページボリュームのなさ、更新のなさ、中身のなさ。

これが原因です。

ホームページは作るだけじゃほぼ見られる事はありません。
見てもらう為には少なくともgoogleさんの検索エンジンにサイトを認識してもらい、いろんなキーワードでヒットできるようにしなくちゃいけないし、ネット上以外でもホームページを開いてもらえる工夫が必要です。

そしてホームページを見てもらえる入り口をしっかり作ったら、今度は中身を見てもらえるようにしないといけませんが、最初につくったまま放置では、最初の設計や中身がよほどしっかりしていない限り効果を出すことは難しいです。

そして更に見てもらった人に想定した行動。例えば問い合わせをもらうとなると、ホームページ、ひいてはその会社の信用性、安心感が必要になります。

悩みがある人に、解決策を提示し、相手のニーズに応えれるサービスで、相手の不安を払拭し、他社のサービスを比較したうえであなたのページが良いかもしれない。と思ったところでようやく問い合わせまでつながるのです。

では、ページボリュームを増やすために何ができるでしょう?
今やほとんどのホームページには簡易的な表現として、ブログ機能となるものがついていると思います。(記事の投稿が自分でできるシステム)

それで記事を追加更新していくのですが、とりあえず更新すればいいんでしょってことで、事業とは関係のないプライベート日記たる記事ばかりを投稿する人がいます。
それとは逆に、事業の事ばかりの記事など。

その背景に戦略があれば問題ないかもしれませんが、おおよそその更新方法は間違っています。

悩みを解決したいためにホームページを検索して、ながれついたその先の記事があなたのプライベート記事ばかりだったら、そのお客さんはどう思うでしょう?
お客さんはあなたの事を知りたいのではなく、あなたの提供しているサービスがどんなものなのかを、他社と比較して知りたいのです。

逆に事業の記事ばかりだと、次にお客さんがほしい「安心感」を与える事が難しくなります。

私の体感ではありますが、更新する記事の内容は7から8割くらいが事業の事で、2から3割があなたの事業とは関係のないライトな記事がちょうど良いと思っています。

サービスに納得したら、次にあなたの人隣をしって、安心させてあげるのです。

それを踏まえてあなたがホームページを強化するためにまず必要な第一歩は、とにかくホームページを追加更新していくこと。

これが大切です。
毎日更新となるとすごくハードルが高いので、まずは一ヶ月に一回。その次に一週間に1回、2回と増やしていきながら、定期的に更新していくのです。

すでに投稿している記事やページも修正更新しましょう。

それだけでまずはサイトの入口が広がっていきます。
もっと欲を言えば記事の内容は1000文字以上、2000文字以上と増えていきますが、まずは何よりも更新することが大切です。

大切なのは定期的な情報発信と、その記事を追加する人間の記事更新修正の習慣化です。

習慣化については大きなテーマなので、また別の機会に記事を書きたいと思います。

では今日はこのへんで。

ではでは。