パソコンの調子がおかしい時最強の対処法

パソコンの調子がおかしい。
そんな時は症状に合わせていろんな技があります。

北斗の拳では、ザコ敵を倒す時大抵ケンシロウは北斗百裂拳を使いますが、ラオウには効きません。ですが、最終奥義の「無想転生」ではどうでしょう?
ラオウもかたなしでしたね。

それと同じように、大抵の問題がこの最終奥義が直してくれます。

パソコンを工場出荷状態の初期状態に戻してくれる技。
その名も「超初期電界(リカバリー)!」

あなたがもしパソコンを治そうと北斗百裂拳を使っていたとしても、無想転生を使えば大抵の問題は一発です。

夢想転生は哀しみを背負った者のみが習得できる北斗神拳究極奥義ですが、このリカバリーも、パソコンが治らなくて辛い悲しみを背負いさえすれば使えます。

ちなみに無想転生、相手がカイオウだと効きませんが、パソコンもそれと同じでハードが問題のときには効きません。

リカバリーの使い方

じつかこのリカバリーの仕方、購入しているパソコンによって最初の手順が違います。

たとえばマウスコンピューターのリカバリ方法は以下
https://www2.mouse-jp.co.jp/ssl/user_support2/sc_faq_documents.asp?FaqID=23854

富士通のパソコンのリカバリ方法は以下
https://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?rid=5&PID=9710-8547

macだと以下
https://support.apple.com/ja-jp/HT201314

ざっとみてもらえたらわかると思いますが、長い呪文のようなものを詠唱(実行)していってようやくリカバリーが発動します。

パソコンが不得手な人にとってはハードルの高い作業となるのですが、1つ1つ時間をかけて手順を踏んでいけば誰でも行う事ができます!

手順1:自分の使っているパソコンのメーカー、機種、型番を調べる

取説が残っているなら取説に載ってると思いますし、パソコン本体にもシールか何かで貼り付けられている事がおおいので、それを調べます。

手順2:説明書があれば、初期化の項目を調べてそのとおりに行う。

説明書がなければネットで調べましょう。大抵ネットにやり方がのっています。

手順3:リカバリディスクがいるなら作る。なければ買う事に・・・

Windowsではあるあるですが、最初にリカバリディスクを作っておかないと、不調になってからは作れなくなり、わざわざリカバリディスクを買わないといけない・・・なんて事もあります。その場合は残念ですが買うしか方法はありません。

最近のパソコンはリカバリーデータがパソコンに格納されているので、そこからデータを読み込んでやるのが多いです。

手順4:リカバリーの案内の通りに初期化していく

あとは画面にでてくる手順通りやるだけです。

最終奥義を使う前(リカバリーを行う前)にやっておきたいこと

最終奥義のリカバリーを使うと、当然ですがパソコンの中身が最初の状態に戻されるので、自分が作ったデータなどすべて消えます。
リカバリーを使う前に、忘れないうちにUSBメモリなどにデータを退避させましょう。
リカバリをするときに忘れがちな事を書いておきますので、参考にしてください。

・IEやエッジ等のブラウザブックマーク
・IME等の辞書
・インストールしているドライバーの把握(プリンタ・スキャナ)
・インストールしているソフトウェアの把握
・マイドキュメントに格納された個人データ
・メールソフトを使用している場合、メールデータ
・IE等にパスワードを記憶させている場合、そのIDとPASS

パソコンの初期化をしたときに一番 「あー!忘れてた!」となるのがブラウザに保存しているIDとPASSだったり、ドライバーだったり、辞書だったり。

思い返しながらやれば、消したあとでもなんとかなるものですが、消す前にメモに残せるなら、あとあと思い返しながら・・という事をしなくてすむので、メモするのをおすすめ。

最終奥義だけあって、何回も使うのはしんどい

どうしても最終奥義というだけあって、リカバリーを使うためには時間も精神力も使います。そこで、最終奥義を使いやすい環境にするということがとても肝要です。

リカバリ前提のマシン構成にする

私のオススメは以下の通り。

・ブラウザはChrome等を使って、ネットのブラウザ環境をgoogle経由で同期させるようにする

IDとPASSさえ入力すればネット経由で前の環境をそのまま引き継げます!

・メールはGmailを使用

今や使ってない人がいないくらい有名なGmailですが、ホント超絶便利です。
いちいちリカバリするときにバックアップとかとらなくても、必要なデータはすべてインターネット上なので、IDとPASSさえ入力すれば使えるようになります。

・インストールしないと使えないソフトはフォルダに一括でいれておき保管
 ※ドライバ・辞書等

インストールディスクのデータをハードディスクやUSBメモリに一括で置いておき、リカバリしたあとはそこに保管しているデータをインストールするというふうにします。いちいちメモを見ながらどれをいれなあかん、これをいれなあかんという要素が減ります。

・個人データはローカルディスクに保存せず、クラウドに保存したりPHDDなどに入れる

パソコンのハードディスクにデータを保存しておくと、何かあったときデータはあっけなく消えます。そして、リカバリをするときにも、データを移動させる手間が非常にうざったいです。そうならない為にも普段から外付けのハードディスクにデータを保存するという環境を作っておくことが大切です。

ちなみに私のオススメですが、よく使うデータはドロップボックへ。それ以外のデータであまり使用頻度の低いもの。どうしてもデータが大きくなるものは外付けHDD。写真データはamazonドライブ(アマゾンプライム会員なら無制限に保存可能)動画のデータはgoogleドライブ(これまた無制限)。

こうすることによって、リカバリをするときにデータのレスキューをする手順がいらなくなるし、クラウドにアップしているデータはスマホをもっているのであれば、スマホで見ることもできるし、ホントおすすめ。

ちなみに最終奥義の手練であるほとんどのプログラマーさんはよくパソコンの調子が悪くなる事がおおいので、パソコンの環境は常にリカバリを前提にして使っている人が多いです。

最後に(まとめ)

・リカバリを使うために、リカバリを前提にしたマシン環境にする
・データは外付けハードディスク、クラウドサービスを上手く利用する
・メールはGmail一択
・いつでもリカバリができるようにリカバリディスクを作っておく
・リカバリが難しかったら強力な助っ人を利用する。
https://www.pcdock24.com/price/

色々調べてたらリカバリをしてくれる業者さんとかいました。
料金みたら結構悪くないんじゃないかな。。。?と思いました。(ちゃんと詳細みてないからわからないけど)
中には高いなあと思うのもありましたが、少なくとも自分だったらこの値段でこんな作業したくないと思うのも多数。