世界が変わるサービス:Dropbox

前回富士通のスキャンスナップを紹介しましたが、スキャンスナップと相性が良い、クラウドストレージサービスの紹介をしたいと思います!

クラウドストレージサービスとか言うと難しく感じてしまうかもしれませんが、簡単に超要約してしまうと、インターネット上に存在する情報の保管箱です。

このインターネット保管箱を持っていて、そこにデータを保存しておけば、どのパソコンだろうが、どのスマホだろうが、そのデータを開いて見ることができます。

例えば前回紹介したスキャンスナップで、名刺をスキャンしておき、そのデータを保管箱にいれておけば、インターネットさえ繋がっていればいつでも見ることができます。

他にも、私はWEB制作をお仕事にしているので、お客さんの資料とかすごくたまっていくのですが、資料をスキャンしておきデータをいれておくだけで、部屋に荷物や書類がかさばらずスマートになるばかりか、パソコン上で見ながらデータのチェックや、制作ができるので非常に便利です。

特に私のようにノートパソコン、デスクトップパソコン、ipad、iphoneと、端末が複数に分かれており、状況に応じて使い分けるというような人には間違いなく必須レベルだと思います。

クラウドストレージサービスでダントツ一番でおすすめのDropbox

私はドロップボックスをメインに使っており、それ以外のサービスはとりあえず手をだしてきたものの、いろんな要素からボツとなり、今ではドロップボックス一択になっています。

ただ、保存できる量に限りがあるので、私はストレージサービスを複合して使い分けています。

基本的に日々使うファイルの保管はドロップボックスへ
※データはプランや状況によるが、私は17GBで運用

撮影した動画ファイルは、グーグルフォトへ。
※動画データ無制限

写真ファイルはamazonドライブへ。
※写真データ無制限

その他のあまり使わないデータや、バックアップファイル等については、ポータブルハードディスクにデータをいれて使っています。

他のストレージサービスも使ってきたが、結局ドロップボックスを使ってる理由ですが、同期の安定感が最強というただ1点のみです。

私はオフィス365も契約しているので、ワンドライブが無料で使えるので、これは良いやと思い、いっときワンドライブにシフトしようとしたことがありました。しかし、1ヶ月もしないうちに戻りました。同期が安定しないから。

僕のように複数端末があり、データも大量にあったりすると、同期がうまくいかないことが多いみたいです。

他にもグーグルドライブ、シュガーシンクなども試してみましたが、どれも同期がしっかりされません。

ちなみにこの同期がしっかりする。という当たり前のようで当たり前でない要素が、ストレージサービスにはとても重要です。

本当はワンドライブなんかはいいなと思う機能があるし、保存容量も多かったりと私にとってはとてもメリットがあるサービスなんですが、いかんせん同期がうまくされないので、ノートパソコンで作業して最新データを開きたいとい状況で、その最新データがうまいことネット上に保存されておらず、古いデータしかみれない・・というような事が頻繁に起こったりすると、仕事がまったくはかどらない・・むしろ、効率が逆に悪くなったりします。

ちなみに私はドロップボックスを使っていて、同期がうまくされていない・・・といった事はこれまででほとんどありません。

かりにそういったトラブルがあったとしても、その原因が明確なので、それを直してあげれば普通に戻るという信頼性もあります。

データの保存分けで捗る作業

ドロップボックスをべた褒めしてしますが、とりあえずこういったデータ運用で数年仕事をしてきていますが、これ以上の便利さはないと思っています。

昔はインターネット環境がないと使えないし、まだまだ使えないなとか思っていましたが、今やスマホからテザリングしてインターネットにつなぐことも簡単だし、フリーワイファイもあるし、昔に比べてネットも繋がりやすいし、ネットが繋がらないという状況がほぼ少ないという時代になりました。

なので、パソコンと大容量のハードディスクを持ち運びしないといけないという事はなくなり、簡単な打ち合わせはipadで。外で少しハードな作業をするというときはノートパソコン。動画編集やスペックが必要な作業は自宅のデスクトップパソコンで作業。緊急的な使い方をするときはiphoneで・・・といった使い分けが可能になり、仕事も早く終わらせる事ができます。

この仕組みさえ掴んでしまえば、どんな人にでも応用することができます。

ドロップボックスは無料で使える

ドロップボックスは無料でも使うことができます。

もちろん有料プランに比べたら、保存できるデータ量が少なかったり(2GB)、同期できる端末が3台までと少なかったりしますが、データ量についてはしっかり用途をしぼって使い分ければなんとかなるし、端末の同期できる台数についても3台もできればほぼ大丈夫なケースが多いハズです。(僕は4台で使いたいので、本当は有料プラン使いたいと思っていますが、とりあえずipadとノートパソコンで同期をすげ替えて使っています)

ちなみに無料プランは2GBなのに、私は17GBで使っているという件については、昔はちょっとした裏技があったので、それでデータ容量を増やしています。

今もあるのかな?

と思って調べてみたら今でも普通にありました。

https://www.dropbox.com/referrals

この紹介機能を使うと、容量を500MBずつですが増やすことができます。

まぁ裏技という表現は正しいかわかりませんが、自作自演で増やすことも可能です。※おすすめはあまりしませんが。

ということで、ぜひ皆さんもドロップボックス使ってみてください!あまりの便利さに鼻毛抜けますよ!

ではまた。