パソコンとの出会い

高校1年の時だったろうか。
ミドリ電化という地元の家電屋さんを、家族で訪れた時に
店頭に置かれたPCを見て、触って感動した。
中学校の頃、以下のようなパソコンみたいな、ワードプロセッサをいじっていて
ボタンを押したら文字が画面に綴られていくことに感動していたが
それが更にグラフィカルになって、いろんなことができるような紹介がされていた
こともあって、パソコンを使えばなんでもできるんだ!と思ったものである。

それからというもの、パソコンがどうしても欲しくて、親に懇願して
NECのPC9821V166/S5 modelA(だったと思う)を分割で購入してもらう。

わけがわからないなりに、付属していたマイクを使って音が出ることが楽しかった。
無駄に文章を入力したり、無駄に音声を録音したり。
そこからインターネットの存在を知り、インターネットに繋げるためのサービスに
加入したりと、パソコンいじりに夢中になった。
当時、インターネットを見るためには、見てる時間に比例して、電話代がかかる
というような時代。
インターネットに繋げるためには、ダイヤルアップ接続という手法でつなぐのだ。

こんなやかましい音が流れながら、インターネットに繋がったときのときめきは
いまでも忘れない。

しかし!昼間とか普通のときに繋げるととてもお金がかかってしまうため
当時、とても流行っていた?テレホーダイ(通称テレホ)というのに加入し
23時からのインターネットサーフィンにふけるようになる。
そこから、趣味でホームページを作ったり、チャットなどをしたりして、パソコンオタクになる。

ちなみにパソコンやテレホにかかった費用は、バイトをしながら親に払っていた。
今思うと、家は借金を抱えながら貧乏暮しをしていたのに、息子のためにと
色々よくしてもらえてたんだなってよく思います。

そういったおかげもあって、当時工業高校に入学し、すぐに働こうと思っていたが
パソコンを使った仕事に就きたいと漠然と考え、高校推薦の企業とかにはきめずに
フリーターとして、高校を卒業。その後ソフマップでバイトで働く。

高校のときにずっとバイトしていたこともあり、ソフマップの当時のスタッフに
恵まれていたこともあって、仕事もそつなくこなしつつ、1年で契約社員のオファーも頂いた。
そのあとの1年か2年で社員のオファーもいただき、初めて正社員となる。

ソフマップでは、アルバイトから社員で勤務していた5年間。
沢山の経験をさせてもらい、沢山のことを教えてもらった。
人にすごく恵まれていたし、漠然と働く事の意味を考えながら
初めて、人生の目標を持ち始めたのもこのときだった。

その目標が収入を1000万にしたいと考えるようになったり
キャリア形成として、WEBの事業に異動したいとか思うようになり
当時の店長にソフマップで年収1000万は稼げますか?と聞いたり
WEB事業に異動はできますか?とか、色々無茶な事も聞いたりしたが
その当時の時点ではそれが叶わないとなり、居心地の良かった職場をやめて
転職して、目標に向かって行動しよう!と思い、ソフマップを退職する。

この時から、独立と夢への道がスタートする。
ちなみに夢を端的にいうと、年収1000万を稼ぐということと
動物の殺処分を0にするという2つを大きな夢として描いていた。

夢に向かって走り出した24歳からをダイジェストにいうと・・・

▼行政書士の資格を取得して、独立して1000万を稼ごう!

と思い、U-canの講座に申し込み勉強を始めるが、テレアポのバイトしながら
勉強という生活が苦痛になり、数ヶ月で早くも挫折。→勉強が向いてないと自覚する

▼行政書士は諦めて、強みであるPCか販売を活かした仕事でベンチャーに入ろう!

※当時ベンチャー企業は稼げると考えていた
と思い、将来1000万稼げるであろう会社への面接を多数うけ
逆輸入車(レクサス)をネット販売でうる事務兼営業をやることになる。
→しかし、ネットだけでの車販売がうまくいかなかったり、当時の社長に
おまえは事務は向いていない!といわれ、社長といろんな話を重ねた結果
その会社を退職することとなる(今でもその社長さんとは円満です)

▼WEB制作は趣味ではあったが、昔からやっていたし、WEB制作会社にはいって、ノウハウを学んで、自分で作れるようになってから独立しよう!

と思い、未経験でもWEB制作のしごとに携われる会社を探し、転職。
→しかし、WEBデザイナーではなく、いきなりWEBディレクターという
仕事につかされ、制作ではなく、ディレクション業務やパソコンのサポートの
業務に就かされる。
※当時の社長さんに、ソフマップで働いていたという1点で採用すると言われた
のを今でも記憶している。
ディレクション業務につかされたものの、レクチャーが一切なかったので
本屋さんにいって、ディレクションに関する本を読み漁りながら、なんとか
業務をこなしていたが、そのうちに名ばかりの役職があがっていき、部下も
初めてもつようになり、いろんな経験をさせてもらった。そして仲間も沢山できた。
その中で、自分がWEBデザインができなくても、仲間に頼りながらやれば
独立は可能じゃないか!と思うようになり、当時とても仲の良かった
デザイナー二人に声をかけ、初めて副業としてだが、事業を始める。
それが、mdq-design という屋号での仕事だった。
しかし、本業がとても忙しく、なかなかみんな時間も作れないこともあり
副業としてはじめたmdq-designはなかなか稼働することもなく・・・
日に日にブラック化していく本職で、会社の考えについていくことができない!
と思うようになり、当時の会長に独立をしたいことの相談をしつつ退職。
mdq-designとして活動をしたいと思っていたが、他の2名は本職の激務もあって
自然消滅状態となり、結果解散となる。

▼コネ無し金なしでも成功している人がいるから独立だ!

と思い、退職したが、当時縁のあったもう一つのWEB制作会社さんの社長さんに
半年でいいから手伝ってくれないか?というありがたいお言葉もあって
経験を積むのにもいいかなと思い、その会社のお手伝いを外部委託契約という
形でするようになる。そこでおよそ2年。ずるずると2年程在籍していたが、
ここでもだいぶ濃密な経験をさせてもらった。しかし、独立すると考えて前職を
退職していたのもあったし、そこでの激務に体と精神が耐えれなくなったのもあって、ここでは
半ば、仲違いに近いような形で退職することになる。
当時は軽く死にたいとか思う程精神的に追い詰められたが、振り返れば良い経験をさせてもらった。
と思っている。

▼そしてようやく本当に独立!

STRIDESとしてはじめの1年は色々さまよいながら、いろんなことをしました。
しかし、あれもこれもどれもこれもうまくいきません。
コネ無し金なしでも成功者がいるから独立だ!とか、ほんと浅い考えだなと思ったものです。
独立したいと相談をしていた、WEB製作会社の会長には、絶対多少は貯金しろといわれて
多少の貯金がありましたが、そんなものはすぐに吹き飛びました。

もうだめだなと思ったときに、人との繋がり。縁があった方から
ありがたいお仕事を沢山いただき、WEB制作のお仕事。
名刺作成のお仕事。チラシ作成のお仕事。営業、テレアポ、歯医者の事務長、
英会話教室の学長、、、などなど、様々なお仕事をさせてもらいました。
そして、いろんな方たちとの出会いがありました。

あとがき

こうやって自分のプロフィールを書こうと思い、過去を振り返ったときに
この社会人としての18歳からの17年間、沢山の人達に助けられ、沢山の人に恵まれて
今の自分があるんだなとひしひしと感じます。

これっぽっちも成功なんてしていない自分で、夢もまだ半ばですが、
人との縁をいつまでも大切にしていきたいと思う気持ちがこの経験の中にあります。

この思いを、自分の仕事に、夢に、顧客に、サービスに反映させながら
お仕事をこなしていきたいなと思っています。

2017年3月13日